願いを叶える恵方の宴
2月3日は、節分です。もともとは季節の始まり、立春・立夏・立秋・立冬の前日を差していました。日本では春が一年の始まりとなり、立春の前日は大晦日に当たります。平安時代、この日に行なう一年の厄払いが豆まきに、大正時代の大阪の花街で行なわれた縁起担ぎが恵方巻に由来しています。


太巻きのお寿司をその年の幸せをつかさどる『歳徳神さま』がいるとされる恵方を向き、黙って願い事を思い浮かべながら食べると願いが叶うと言われています。


季節の変わり目は邪気が入りやすくその邪気をはらうために「穀物の精霊が宿っている」とされる豆をまきました。

今年の恵方は「南南東やや東」です。
今年の節分は、赤鬼と青鬼色のテーブルマットでしつらえてみませんか?願い事を思いながら太巻きのお寿司を恵方に向いて頬ばり、豆まきをし、一年をつつがなく過ごしたいですね。ちなみに赤鬼は全ての悪心の象徴、豆をぶつけて自分の中にある悪い心を取り除き、青鬼は怒りや貧相で、徳を呼び込むそうです。