大人女子のひなまつり
3月3日はひな祭りです。ひな祭りのお料理といえば「ちらし寿司」、お酒は「白酒」です。白酒の前は、中国より薬酒として伝わった、刻んだ桃の花を浮かべてる「桃花酒」が飲まれていました。ひな祭りは桃の花が咲く頃に行う行事として桃の節句とも呼ばれています。今日はそんな桃の色にちなんだロゼのシャンパンでお祝いするひな祭りの食卓です。


オフホワイトのテーブルクロスにピンクの折敷、小さめのグラスの後ろに十二単に見立てたナプキンをしつらえました。


蛤のお吸い物は蓋付きのお椀に、ちらし寿司は淡いピンクのお皿に。テーブルの上に桃色の春が広がります。

ぼんぼりに見立てたアミューズグラスにはデザートをいれて、ナプキンの色で男雛と女雛を表現しました。
ちなみにひな祭りでのちらし寿司は、エビ、レンコンなど縁起の良い具材がお祝いの席にふさわしく、鮮やかな彩りが食卓に春を呼んでくれるのでひな祭りの定番メニューになったようです。古の人たちの女の子を想う気持ちがあらわれています。
そんな女子をとても大切にしてくれるお祝いの席に、大人ならではのシャンパンを添えてお祝いしてみてはいかがでしょうか?