ル・ジャカールフランセ

  • アズレージョBL

  • ナスターシャPL

  • ボスポワーレWH

  • アズレージョBL
  • ナスターシャPL
  • ボスポワーレWH

美しいジャガード織のテーブルリネン・ブランド、「ル・ジャカール・フランセ」。
100年以上の古い歴史をもつ確かな技術と、フランス製ならではの洗練されたデザインとカラー。 時が経っても色あせない、世界でも一級品のテーブルリネンをぜひご堪能ください。

「ル・ジャカール・フランセ」はフランスの北東部、ドイツとスイスの国境に近いヴォージュ県の“ジェラールメ”という小さな町に本社・工場をかまえ、1888年以来100年以上にわたって世界でも第一級品の美しいジャガード織のテーブルリネンを生産してきました。

1960年代まで、テーブルリネンといえば主に“白”でした。ここにジャカール・フランセは1978年、新風を吹き込みます。フランスを代表するデザイナーPrimrose Bortier(プリムローズ・ボルティエ/1929〜1995)とのコラボレーションによるカラフルかつ斬新なスタイルです。彼女は女性デザイナーとして始めてレジオン・ドヌール勲章(フランス芸術文化勲章)を叙勲し、世界最高水準のデザインを提供しました。非常に複雑な織り目の重なる素材感、色の豊かさ、配色は、同類の商品の中では群を抜いています。

「ル・ジャカール・フランセ」とは、直訳すると“フランスのジャガード織”。その名のとおり、美しい文様を縦糸と緯糸の複雑な織り目によって表現します。プリント製品とは全く異なる絶妙な立体感と光沢感。これらの要素が調和し生まれるのが「ル・ジャカール・フランセ」の製品です。素材は綿100%、麻100%、綿50%麻50%の3種類のみ。綿も麻も繊維の長い糸を使用しています。そのため、織り上がりにツヤがあり、丈夫で発色のよい製品に仕上がっています。

現在ではフランスのみならず、世界の一流ホテルでも利用されています。

商品紹介