ワインを楽しむ大人のクリスマスホリデー

家族で迎えるお正月 in TOKYO
今年の元旦は一家四人、自宅で気を張らない時間を過ごつもりです。 新年を明るく彩ってくれるピンクのテーブルクロスにネイビーのナプキンを合わせてコントラストの効いたモダンスタイルを取り入れました。センターピースには、お気に入りの球形お重を用います。この白い球形のお重とワンプレート御節は、共に家族の目と舌を楽しませてくれます。この日の為に準備した箸袋と屠蘇器飾りが食卓を更に盛り立てます。東京で暮らす私たちの新しいお正月の形をご覧ください。

<スタイリングメモ>

スタイリング memo!

  • @テーブルランナーでもブリッジランナーでもないパーソナルライナー使いが東京流。
  • Aピンクのテーブルクロスとネイビーのナプキンの合わせ使いで新年が明ける曙の空を表現します。
  • B可愛らしい苔玉がお正月らしさをアップします。
  • C室内での凧揚げを♪お正月の雰囲気を盛り上げてくれます。そしてシャンパングラスに注いだドリンクは紅白の色合いでおめでたく。
  • D形も文様も思いのままに。オリジナルの箸袋は作る時間も楽しめます。
  • E屠蘇器飾りも手作りします。

<編集後記>

2018年最後のスタイリスト企画。新年にふさわしい晴れやかなテーブルコーディネートです。今回担当されたスタイリストの方々が作り上げた、気負いのない等身大のスタイルに心ひかれます。テーブルを明るく彩る桃色のテーブルクロスに合わせたブリッジランナーの使い方が新しい!ワンプレートの盛り付け方やお手製の箸袋、屠蘇器飾りのあしらい方など、取り入れやすくておしゃれに見えるスタイリングはすぐに真似できそう。足し過ぎず引きすぎない、テーブル全体のバランスと色づかいも秀逸と感じました。心新たに一年のスタートを迎えられそうです。(@コーディネーター出牛)

<スタイリストのご紹介>左から

デレクター:安蒜 未来(あんびる みき)

管理栄養士として高齢者の食に携わる。「美味しく食事していただくためにできることすべて」を胸にTWSAの門を叩く。プロ・テーブルウェアスタイリスト®として大手企業の展示会やウエディング装飾など数多く経験。

フードスタイリスト:森上裕子

全国展開する料理教室に12年半勤務。九州エリアのCS業務と講師育成業務を担当。現在は、食のセレクトショップにて商品選定やプライベートブランドのレシピ開発を担当。来春より、tea、food、TWSA 認定テーブルスタイリングを学べる教室福岡校を開校予定。

スタイリングアシスタント:船戸幸恵

2018年に5年の海外生活から日本に帰国。海外生活中ネットで見たTWSA代表の二本柳先生のスタイリングに興味があり、帰国後所属。3人の子のママでもあり、現在は多数のスタイリング現場に先生のアシスタントとして経験を積んでいる。