よひら 紫陽花の別名、よひらとは「花びらが四片ある」という意味。水彩画で描いたような一枚で、雨の季節のおもてなしを。