控え目なカラーでもリッチな気分になれる。和食・洋食・中華でもOKでした。

東京都小平市にお住いのAさん。ご主人と二人のお子さんがいらっしゃいます。

テーブルサイズ:90×170cm

ご使用いただいた商品
テーブルクロス:デリシャスカラー 無地 バニラ (140×220cm) オーダーメイド
アンダークロス:(100×190cm)
テーブルランナー:Kyono先染めマット いちまつ イエロー/オレンジ 各4枚

Aさん宅のテーブルは幅が90cm。これに垂れの長さを加えるとデリシャスカラーの生地幅130cmを超えてしまいます。そこでオーダーメイドとなりました。カラーは、家具や壁面が明るめですからそれと違和感のないようにバニラにしました。
テーブルマットはKyonoの市松模様のざっくりとした先染めタイプを選びました。基本的には「和」の商品なのですが、使い方によってはカジュアルな洋風にも合うものです。

 
【Aさんからのメッセージ】
テーブルクロスは、我が家のインテリアにバッチリの控えめで素敵な色でした。テーブルクロスをかけると、自宅ではありながら、ちょっとリッチな気分になれる、そんなハイセンスなテーブルクロスだと思いました。

使ってさっそく子供たちが色々とテーブルにこぼしたのですが、撥水加工が完璧に利いています。クロスの上に水の玉となり、それはそれは綺麗な水溜りでした(笑)。子供達はその様子が楽しいらしく、わざと少量づつこぼして遊んだくらいです。

画像に添付したのはデザートのチョコレートアイスです。チョコレートは割合落ちにくかったりもしますが、1回の普通のお洗濯で、見事に落ちました。そのほか、おしょうゆのしみも完璧に落ちました。毎回洗濯していますが、撥水はまだまだ完璧で驚きます。汚れ具合も、食品のしみだったらほとんど綺麗に洗濯で落ちます。ただし、子供がお絵かきをした際のエンピツのあとは落ちませんでした。お洗濯の後、少ししわになるので、気になりつつもそのまま洗濯の竿に干しておりますが、乾くとしわひとつなく綺麗になりますので感動します。

少し残念だったのはテーブルマットの縮みです。洗濯後、かなり縮んでいます‥‥(涙)。本日、来客があったので、赤2枚、黄色2枚を並べたのですが、お洗濯をした後の赤と、していない黄色を並べてみてその大きさの違いにビックリ! 正直申しまして、悲しいものがございます。その点を除けば、秋らしいお色ですし、生地も重厚な感じがいたしますし、和食でも洋食でも中華でもOKなところが大変気に入っております。

アンダークロスは、少しグラスや一輪挿しなどの安定感が不安ですが、ずっと使用しており、ただいまその後の状況を観察させていただいております。ひとつ言えることは、アンダークロスがないと、子供達がいる場合とても危険です。アンダークロスのおかげで、テーブルクロスがずり落ちて食事が落下するのを防いでくれます。テーブルクロスの素材にもよりますが、現在の我が家では、アンダークロス様々です。

私は日々、テーブルクロスとかマットという言葉を口にしておりますが、先日、子供がねんどをする際、「ママー!このシーツはずしてー!」と訴えられ、子供にとってはまだまだだなあと苦笑いたしました。(8歳と6歳です) ただ、8歳の娘は、お花がかわったりクロスが変わったりすろと、「今日はちがうねー」と言ったりしています。また仕事柄、料理関係の友人が来ることも多いのですが、お送りいただいたテーブルクロスの色を大変ほめられます。地味でありながら素材がとても良く、どんなマットにも合うと。

テーブルマットを替えることにより、驚くほどテーブルコーディネートが変わります。これからも、ちょくちょく物色させていただきます。


 

撥水加工を体感していただけて、嬉しく思っております。お子さんが楽しんでくださっているとのお話も微笑ましいです。こんなふうに、小さな頃からテーブルマットやテーブルクロスに親しんでいただけたら、私どもとしても本当にやりがいがあります。是非、「これはテーブルクロスというのよ」と教えてあげてくださいね。

テーブルマットの縮みの件ですが、せっかく気に入って下さっているのに、ガッカリさせて申し訳ありません。これはザックリ織った風合いを活かした商品であるため、洗濯後にはどうしても縮みが発生してしまいます。洗濯後、濡れた状態で強く引っ張りながらアイロンで伸ばしていただくと、ある程度は抑えることができます。とはいえ、縮むことは事実ですので、今後は注意書きや、織りの工夫などをさらに進めて参りたいと思います。

Aさんは割烹料理のお店を経営されているそうです。今回のモニター商品以外にも、いろんなコーディネートの写真や、フードコーディネーターさんが自宅で作ってくださった料理の写真などもたくさん送って下さいました。小さなお子さんがいながら、このように日々の食事を楽しく盛り上げている様子には、とても関心です。こちらこそ、これからもテーブルレシピの商品でテーブルコーディネートを楽しんで下さいね。