端午の節句
5月5日は子供の日、端午の節句です。この日は男の子の成長と子孫繁栄を願って柏餅やちまきを食べたり、鯉のぼりを飾ります。古来より“神の使い”とされた獅子が描かれたランナーを使ってお祝いの席を作ります。


五穀豊穣を願う民の間で生まれた想像上の動物“獅子”。テーブルランナーは、その吉祥のシンボルでもある獅子を繊細な織物で表現しています。


柏餅は柏の葉の特徴より子孫繁栄を願い、ちまきは中国より端午の節句の節物として伝えられ、ともに端午の節句で食されるようになりました。


菖蒲の花は五色の紐で飾ります。


ランナー使いはテーブルの側面もきれいに見せてくれます。

四角のプレートにナプキンを添えて、心のこもったおもてなしとお祝いのハレの雰囲気を引き立てます。

こちらは、昨年の端午の節句のコーディネートです。みなさまは、どんな端午の節句を迎えますか?

在庫:

全て

在庫あり