子供の成長を願う端午の節句
爽やかな新緑の季節の行事は、グリーンのテーブルクロスで気軽なおもてなしです。普段使いのテーブルに少しだけ彩りを考えた簡単レシピでお客様をお迎えします。

淡いグリーンのテーブルクロスにベージュの円形テーブルマットを合わせます。テーブルの中央にはアーチ型のセンターピースを置いて、テーブル全体に立体感を作りコーディネートにメリハリをつけます。少しだけ大きめセンターピースも円形テーブルマットならテーブル中央に空間ができるのでゆったりと置くことができます。


お料理は全体の彩りを考えてメニューを選びます。
端午の節句らしい色合いは、緑&紫色。それは菖蒲の花の色合いです。元気よく伸びる葉のグリーンと紫の花の色。この二つの色を上手に取り入れると端午の節句らしいコーディネートに。今回はふだん使いの優しい淡いグリーンのテーブルクロスとラベンダー色のテーブルナプキンを使いました。そして簡単にできるお料理を準備します。


淡いグリーンのテーブルクロスが引き立ててくれる色は、少し濃いめのグリーンです。緑色の枝豆を加えた混ぜご飯を俵形に握ります。柴漬けの紫色が自然とお料理とテーブルをきれいに見せてくれます。

ちなみにこちらは春のシーズンレッスンでご紹介したコーディネートです。グリーン&パープルの色合いが、端午の節句でも使えるコーディネートとのお言葉もいただいたそうです。
テーブルランナーの淡いグリーンにちょっと鮮やかなグリーンのテーブルナプキンをアクセントに加えるとちょっとひねりの効いた上級者コーディネートになります。



<ディレクション担当@森川>

毎年やってくる端午の節句。今年はどんな感じにしようかなぁと毎年、頭を悩ませます。
去年はストライプのランナーを使ったから、今年は違う雰囲気にしたい!今回のコーディネートはそこから出発しました。「和食でおもてなし」のテーマは旬の食材やお料理を主役にしたシンプルな和のスタイルです。そこで私は、和のスタイルって何だろう?といつも考えるのですが、やはり「お箸」を使って食事をするのが私たち日本人が持つ和のスタイルだなぁというところに行き着きます。
今回の端午の節句はそんな日常の食卓にほんの一手間を加えた簡単おもてなしスタイルを提案しています。枝豆の混ぜご飯も、白米にワカメのふりかけと冷凍の枝豆をレンジで解凍して混ぜただけの簡単なものです。その日の集まりのテーマや色合いを考えて、その日のお料理を選ぶ。少し目線を変えるだけで、素敵なおもてなしのテーブルが出来上がります。



お気に入り

¥3,240
(税抜 ¥3,000)

お気に入り

¥680
(税抜 ¥630)

お気に入り

¥8,640
(税抜 ¥8,000)