三世代で楽しむ お月見スタイル

今年のお月見(十五夜)には、祖父母を招待します。老若男女一緒に楽しめる、お米を使ったライスバーガーに決定!濃紺のテーブルクロスは、きちんと感もありお料理や器が映えます。和洋折衷スタイルの定番カラーです。


テーブルナプキンの色はイエローやオレンジを使って華やかな印象に仕上げました。窓から見えるお月様のように丸い目玉焼きをトッピングして、お料理の色合いともリンクさせます。


ナプキンフォールディングは、「月うさぎ」をイメージして。可愛らしさがアップします。

大人数のコーディネートには、“無地のテーブルクロス”よりも“柄のテーブルクロス”を使用すると、用意する器も映えて、楽しい感じが気軽に演出できます。明るいイエローが印象的な一枚は、子供達と楽しい話題で盛り上がること間違いなしです!


大ぶりなダリアを線画で描いたデザインのテーブルクロス<ダール>。ざっくりとした素材感が和の食器にもぴったりです


テーブルクロスが明るい雰囲気なので、テーブルのまとまり感を出すためにテーブルナプキンは落ち着きのある濃紺とオレンジの2色を使いました。デザートには、みたらし団子を用意して。


中央に濃紺のブリッジランナーをプラスするとセンターピースゾーンがはっきりします。黄色と補色関係にある濃紺はお互いの色を引き立ててくれる効果があります


器を置く事でランナーの重なりが気になりません。シンプルな丸いお皿をお月様に見立てて、いただきます!

<コーディネート担当@和田>

お盆の集いに引き続き、濃紺のテーブルクロス<エッグプラント>をメインにしたコーディネートです。どんな季節にもコーディネートできる一押しのカラーです。
今回は、お月見をテーマにしたので、黄色は外せない!やテーブルナプキンはうさぎにしたい!や孫と一緒に食事したい!など…の意見を出して3つのコーディネートを考えました。無地の良さはあるものの全面柄のテーブルクロスも広げてみると…。明るく彩度の高いイエローが楽しい雰囲気作りにぴったりで、<エッグプラント>との相性がとても良い!満足のコーディネートが出来上がりました。子供達が眠りにつく頃には、部屋を薄暗くして、キャンドルを効果的に使った宴も素敵ですね。秋の夜長ですから、思う存分“月”を楽しみましょう。今年は、窓側に場所を作ってお月様を眺めながら食事や晩酌してみませんか。皆で月のうさぎを探してみるのも楽しいかもしれませんね。



在庫:

全て

在庫あり