God Jul! (グード ユール)は、スウェーデン語で“メリークリスマス”の意味です。
大自然の恵みを大切にする北欧の人たちの暮らしは、穏やかでゆったりとしています。11月くらいからクリスマスに向けて 家の飾り付けを始める人もいます。壁にファブリックやキルトを、窓辺にはキャンドルやリースを飾ったり、少しづつ家の 中の雰囲気を変えていくそうです。そうして、時間をかけてクリスマス準備をして、当日は家族で粛々とクリスマスのお祝 いをするそうです。


北欧のクリスマスのシンボルカラーは赤・緑・青。そこに木などの自然素材の色をプラスするとより北欧テイストに近づきます。


今回は、スモーキーブルーをアクセントに、朝靄に包まれた自然豊かな北欧の風景を思わせるニュートラルカラーの広巾ランナーをコーディネートしました。


北欧では、クリスマスが近づいてくると、Julstjärna (ユールファーナ)(クリスマスの星)と呼ぶ、星形のオーナメントが窓辺に飾られます。キリスト生まれた時に、“輝いていた星”が起源のようです。そんな星形のセンターピースをキャンドルと共にテーブルの中央に置きます。


キャンドルは、北欧クリスマスには欠かせない、アイテムです。

シンプルに飾られているのが、北欧スタイルです。まとまりのある色合いは、洗練された雰囲気があり素敵に見えます。余計な飾りはつけずに想いを込めて飾るだけでいいのです。時間をかけてゆっくりと飾り付けされた心温まる北欧スタイルのクリスマスを取入れてみませんか?

在庫:

全て

在庫あり