年始のおもてなし
〜春を先取りして〜

一月二日、今日は私の両親を招いて食事会です。
外はまるで春のようなポカポカ日和。
一年の始まりはテーブルも明るい雰囲気にしたいものです。
三世代、話に花が咲くようなテーブルコーディネートにしました。
今年も家族にとって良い一年になりますように。


      

コーディネートポイントを表示しない

control

Point1

きちんと感が出せるテーブルクロスも良いけれど、今日はあえてカジュアルな花柄のアイテムをチョイス。テーブルにぱっと花が咲いたよう。ブリッジランナーはささっと準備が出来る優れもの。時間がない来客時にも便利です。テーブルに二枚かけて、四人分の大人の席を準備します。その間に小さめのマットを置いて子供達の席に。

Point2

子供が小さな時は、食事の時間をゆっくり取るのもなかなか難しいもの。そんな時は“お弁当スタイル”がおすすめです。おせちや様々なお料理を少しずつ詰めておけば、両親にも気兼ねなく食べてもらえます。子供達も小さめのカゴを使って同じスタイルに。また、テーブルの花を用意する場合、子供の目線に合わせて低く置きます。安定感のある花器は、触って倒す心配もないので安心です。グラスなどの食器類も、子供が一緒の場合は低めの安定するものを選ぶと良いですね。

Point3

お箸袋は、素敵な和紙でハンドメイド。二枚使用し重ねて折っていくので、組み合わせによって出来上がりの違いが楽しめます。テーブルの雰囲気に合わせて、紙を選んでみてはいかがでしょうか。折り紙などでも作れますよ。コツは、定規などを使用して垂直線、平行線をキープして折っていくと美しい仕上がりに。

Point4

季節を先取りして使用したブリッジランナーは、春の風を感じるような繊細なタッチの花柄デザインですのでシンプルで明るいテーブルコーディネートにも似合います。真っ白なプレートを使って、エディブルフラワーのサラダから始まるランチタイムにも。イエローのテーブルナプキンが眩しい日差しのような明るさを添えます。

〜家族みんながくつろげる
明るいテーブルを〜

家族で過ごす新年のひととき。

今回はくつろいだ座食形式で、カジュアルな春らしいアイテムを使用しました。
ささっと掛けられるブリッジランナーは、時短で準備できる優れもの。

小さなマットを追加して、三世代のお食事シーンです。
竹素材のお弁当箱やカゴなどを使って、和の雰囲気、全体の統一感を図りました。


少しずつ色々なものがいただけるお弁当形式で、
食が細くなりがちな親世代に気兼ねなく食事をしてもらいたいですね。
あらかじめ取り分けてお出しするため、
もてなす側の負担も軽減しますから、
食事中は少しゆっくりと過ごせるのではないでしょうか。


いずれにしても、年始に家族そろってお祝いが出来るのは何よりもありがたい事ですね。
令和二年が皆さんにとって素晴らしい一年になりますようにお祈りいたします。

(コーディネーター出牛)

在庫:

全て

在庫あり