自宅で食事をする機会が多くなって、食卓に注目が集まっています。でも毎日のことだから、ついパターン化してしまいがち。私たちの心身を支える大切な食事だから、心地よい時間にしたいですね。
いつものごはんをぐっと新鮮にする、移り変わる季節を食事で楽しむ。今回は、特別でない、日常の食卓にスポットを当てて、おすすめアイテムやその使い方をご紹介します。

器を夏仕様に。ごちそうサラダボール。
ガラスの粒々が光に反射して輝く、涼しげな器はいかがですか。普段のお昼ごはんがぐっと夏仕様に。ニュアンスブルー色のランチョンマットを敷くと、ガラスのキラキラ感がより引き立ちます。


ガラスのサラダボール「ゴッチェ」は、深さもたっぷりあります。しっかり一人前の盛り付けにぴったりです。


ガラスの透明感は涼しさはもちろんのこと、盛り付けた食材を華やかに見せてくれます。


この夏は、お箸も夏仕様にしませんか?「ひねり」は、持ち手部分にシルバーの箔を散りばめたアクリル製のお箸です。


持ち手部分がねじられたデザインで指あたりがよく、とても持ちやすい形です。

お皿を拭くキッチンクロスは、麻の風合いの良さとステッチが可愛らしいデザイン。ひとりずつランチョンマットとして手前に垂らすように使うと素敵です。長い辺は60cmあるので、カフェテーブルなどで向かい合ってお茶をする時も使えます。


麻素材のキッチンクロスは、グラスを拭くのにぴったりの素材です。吸水性の高い麻素材で拭くとスッキリと曇りのない仕上がりになります。


大判サイズのキッチンクロスは、ディナー皿も包み込むように拭くことができます。


色鮮やかなステッチがデザインのポイントです。その日の気分で使う色を選んでみてはいかがですか?


中央にループが縫い込んであるので、キッチンのフックにかけられます。

お疲れモードの夜は、手間ひまを省いて一汁一菜で。そのかわりランチョンマットの色をその日の気分で選びます。似たような食事が続いても、マットの色が変わるとちょっとだけ気分転換になりますよ。


ざっくりと織り上げた柔らかな質感のテーブルマット「ミックス」。芥子色のこっくりしたイエローは、漆のお椀にもよく似合います。


お肉も野菜もたっぷり入れた汁物があれば、それだけでも満足できます。今日のがんばった自分にパワーをチャージ。

みんな大好き、カレーライスやパスタ。洗い物が少なくて済むワンプレートの洋食にもランチョンマットを忘れずに!毎日シャツを選ぶようにランチョンマットも着替えませんか。


テーブルマット「ミックス」ベージュは、和食だけでなく洋食にも合う使いやすいカラーです。器の素材やカラーを選ばず使えて、おすすめの一枚です。


お食事するのに支障はないけれど・・・。ランチョンマットは、大切なテーブルをキズや汚れ染みから守ってくれる役割も果たしてくれます。

モーニングの主役が焼き立ての“トースト”だとしたら、主役を引き立てる大切な脇役はバターナイフ。シンプルでスタイリッシュな見た目で、朝食シーンを美しく。細かなアイテムに目を向けてみると、思いのほか満足感を得られる事に気づきます。


カトラリーよりも小振りなサイズで軽さがあります。持ちやすくて塗りやすい。おうちでカフェ気分が楽しめます。


ステンレス製の美しいフォルムが魅力のバターナイフ。全体的に丸みがあるので、バターを均一に塗ることができます。

<スタイリング by コーディネーター出牛>

家で食事をする回数が明らかに増えて、ついつい同じ食器を使っていることに気づきます。ランチョンマットを変えたり、お箸を変えたり、そんな些細なことで、食卓の景色が変わります。日常の小さな事も味わえる自分でありたいですね。また今回ご紹介したアイテムが、皆様の食卓を少しリフレッシュし愛着を持てる物になったら嬉しいです。

<デザイナー和田:コメント>

毎日使うアイテムだから、機能的に使いやすいのはもちろん見た目にもこだわった商品をご紹介しました。私は特に、使っていくほどに柔らかくなりグラスやお皿に毛羽が残らず拭き取れる、麻のキッチンクロスが気に入っています。しかもすぐ乾くので、何枚あっても良いですね!色違いで揃えてみませんか。

在庫:

全て

在庫あり