私達流・桃の節句のホームパーティー

<Style1:実父を迎えての新年の食卓>

60代女性。夫、娘と三人暮らし神奈川県在住

今年も家族そろって一年のスタートを迎えられることに感謝です。娘も30歳を迎える節目の年。あっという間に年月は過ぎ去ります。とにかく家族みんなが明るく楽しく過ごせることを心から願う新年です。
若かりし母が愛用していた帯を引っ張りだして。亡き母の思い出話に花が咲きます。私たち4人を繋ぐ母の帯が、新年の食卓にひと際温かさを加えてくれます。

スタイリングメモ【1】

  • @あらたな年、父を迎えていただく食卓は、母が愛していた帯をつかってクロスオーバーなテーブルコーディネート。古いものと現代のものを組み合わせて使いたくなりました。
  • A越前の現代的な折敷は、四角い切抜きが斬新!テーブルクロスやテーブルの素材が見えてそれもコーディネート全体のデザインのひとつになります。
  • Bテーブルの中央にセンターピースを。コの字型とロの字型のセットは、高さも演出できてアクセントになります。
  • Cすっきり華やかなホワイトとモダンで高級感のある黒。和食器はもちろん、洋皿や様々なお皿を合わせられます。トレイとして1枚づかいも。

<Style2:友人を招いて1月のお茶時間>

30代女性、会社員。東京都在住。

お稽古事の友人たちと、年が明けてから初めて会う日。去年はあまり会えなかったね。明るい年になるように祈って、紅白カラーで午後のひととき。おいしい和菓子のおみやげをありがとう。

スタイリングメモ【2】

  • @アクリルプレートの小さなミニテーブル。スイーツなど載せていただくと映えます。ちょっとしたおつまみを盛り付けてもおしゃれになりそうです。
  • Aスクエアマットは、お菓子用のトレーとして使います。あしらい方や合わせる小鉢などで、雰囲気が変わります。
  • Bお茶うけ用のティーマットは柄違いを楽しみます。新年なので和柄が華やかなものをチョイスしました。色とサイズが揃っていればまとまりが出ますね。
  • C青系のティーマットと柄違いで。白のスクエアマットとのカラーコーディネートが清々しく、男性をおもてなしするシーンにもおすすめです。

<Style3:お正月休みのある日の夕べ>

40代女性。夫と二人暮らし。東京都在住。

お正月は二人でゆっくりと過ごす。それが私たち夫婦の毎年の過ごし方。晴れやかなおめでたい色も素敵だけど、ベージュやモノトーンのカラーが定番色で落ち着きます。ワンプレートにお料理を盛り付けて、スパークリングワインで乾杯です。今年もお互いによい一年にしようね。

スタイリングメモ【3】

  • @ブラックのスクエアマットにシンプルなお皿。スタイリッシュなスタイリングにお正月らしい前菜を用意して。
  • Aお気に入りの花器に、新年の花をしつらえて。ベーシックカラーの食卓に明るさと華やかさを添えます。
  • Bコの字型とロの字型のセンターピースのセット。単品でも使えて、組みあわせ方も様々に楽しめます。
  • Cお箸のそばに折り紙の鶴を。懐紙とともに、心新たまるしつらえで。

<ガラス器(Sghr スガハラ様)のご紹介>

千葉県・九十九里町に工房を構え、昭和7年の創業以来、職人によるハンドメイドで製品をつくりつづけている日本のガラスメーカー。日々ガラスと向き合い、「ガラスの声」に耳をかたむけている職人が作り出す製品は、日々の生活を楽しませてくれるものだけでなく、国内外のシェフにも愛用されています。オリジナル製品は4000種を超え、 今もなお“ぬくもり”を持ったガラス製品を生み出し続けています。
あたたかさと洗練をかねそなえたスガハラ様のアイテムを数多く使用させていただきました。新作も多数ありますので、是非ホームページをご覧ください。



12月9日水曜日、Instagramライブ配信のお知らせ

こちらのコンテンツでご紹介しているコーディネートアイテムをInstagramライブ配信にてご紹介致します。
配信日は、12月9日水曜日です。

<第一部 商品のご紹介 12時配信スタート>

こちらでご紹介している期間限定商品について、ご説明いたします。コンテンツでご紹介していない使い方やコーディネートもご覧いただけます。

<第二部 コーディネートの解説 15時配信スタート>

コーディネートの基本の組み立て方を丁寧にご説明いたします。また、事前のインスタグラム上やライブ中にコメントにていただいたご質問にもお答えいたします。ライブ配信ならではの楽しみがあるのでぜひご覧ください。

ライブ配信の内容については、<ここをクリック!!>

       

在庫:

全て

在庫あり