月影
静寂に包まれた夜の空を見上げたら、一際輝く「月」を発見。月に見立てた丸いお皿に旬の食材を使ったお料理を準備して、黄金色のススキも用意します。秋の夜長にゆったりと過ごすお月見のおもてなし。

アクセントカラーは“黒”。テーブル全体を引き締めてくれる効果があります。
テーブルナプキンは、丸いお皿にリンクさせて渦を巻いた形にセッティングをしてエレガントさを演出します。今宵は日本酒をワイングラスでいただきます。


様々なデザインのレースが重なり合ったさまを立体的に表現したジャガードクロス<セツゲツカ>。ベーシックなアイボリーカラーは、優しい印象でコーディネートしやすい一枚です。


スクエアの折敷<トリミングプレート>を使うと、きちんと感がアップします。「月の光」をイメージしたゴールドカラーが華やかな印象に。


高低差のある2種類のクリアなキャンドルスタンドを組み合わせてテーブルマットの中央にバランス良く配置します。キャンドルに火を灯してお迎えしましょう。


持ち手がブラックのカトラリーとお箸を組み合わせてお料理を楽しみます。モノトーンの小物使いで“黒”を効かせたテーブルコーディネート。

全体に柔らかな印象を持つ“ベージュ”カラーのワントーンコーデ。
どんなシーンでも使いやすいベージュカラーのテーブルクロスに同じ色合いのテーブルランナーをプラスしました。夫婦二人で語らうお月見コーディネートはいかがでしょうか。


ニュアンスのあるブルーグレーのテーブルナプキンをアクセントカラーにしました。ナプキンリングを使って扇の形にフォールディング。ナプキンリングは、スクエアの折敷の色に合わせてシルバーを使います。


3つの受け皿が固定された、低めのキャンドルスタンド<バルー1>。ブラックカラーが印象的で、火を灯せば華やかなセンターピースとして◎。

テーブルクロスとランナーの重なりが気になる時は、折敷が大活躍。ゴールドからシルバーへと、一枚で雰囲気を変えられます。シルバーには黒い器を合わせ、コントラストのあるコーディネートに。テーブルナプキンで華を添えます。

<コーディネート@デザイナー和田>

“月影”をテーマにしたのは、光と影をテーブルで表現できるのでは…と思い考えてみました。
最初にテーブルクロスは、ジャガード織で和風にも洋風にもアレンジ出来て色合いも優しい<セツゲツカ>に決定。あまり色数を増やしたくなかったので、ゴールド、シルバー、ブラックのカラーでまとめました。暑い日の中での撮影でしたが、これからは日に日に夜の時間も長くなるなあ…と感じました。空を見上げると月の満ち欠けに一喜一憂する季節。今年の十五夜が待ち遠しいですね。



お気に入り

¥693
(税抜 ¥630)

お気に入り

¥385
(税抜 ¥350)

お気に入り

¥1,980
(税抜 ¥1,800)

在庫:

全て

在庫あり