十五夜
何気なく夜空を見上げたら、大きく丸い月を見つけました。静けさ漂う夜空から放たれる月の光が心地よく感じます。季節が移り変わっていく中、月を愛でながら秋の夜長を愉しみませんか。


銘々でいただく時は折敷を使ってみましょう。小皿や酒器がコンパクトに収まる<長角プレート>。テーブルナプキンを添えるとおもてなし感がアップします。


白い器とグラスなどの透明なアイテムを使うと光を反射して透明感が増すので、盛り付けた前菜や食前酒を引き立ててくれます。


幾何学柄のテーブルランナー<キッコウ・グレー>は、巾が20pの細い仕上がりです。和食はもちろん、オリエンタルな雰囲気にも似合います。


センターピースは、アクリル製のブリッジセンタートレイ<アーチ>にしました。透明なのでコーディネートの邪魔をせず、高さや空間を利用して、季節感のある植物のガーランドを使ったアレンジが素敵にできます。

細身のテーブルランナーは、テーブルマットに重ならず全体がすっきりとした印象に仕上がります。パープル×カーキの組み合わせは、秋を感じる落ち着いたコーディネートです。テーブルナプキンのカラーは白とグレーのモノトーンカラーでシックにまとめました。

こちらのテーブルは、ブルーとグレーの中間色の静けさを感じさせるテーブルクロス<ブルーチーズ>にテーブルランナー<キッコウ・ホワイト>を合わせました。30p巾のテーブルランナーは、一枚でも存在感があります。大ぶりの菊をあしらった季節のお花で彩りを加えます。夕方からの食卓には、キャンドルを灯してみましょう。


テーブルランナー<キッコウ・ホワイト>は、テーブルクロスや折敷にもよく馴染み、コーディネートしやすい一枚です。


テーブルの横から見える垂れた部分には、うっすらと文様が浮き上がって見えます。程よい光沢感が上品な印象です。


背の高いキャンドルスタンド2台をコーディネート。大・小と高さが違うので、全体にリズム感が生まれます。


正方形の折敷に、月に見立てた丸いお皿をセットし、テーブルナプキンは深い濃紺<エッグプラント>を折り紙の様にたたみました。コントラストをつけてモダンにセッティング。

<コーディネート@デザイナー和田>

このコーディネートの撮影をしたのが8月の終わり。だんだん日が短く感じ、帰り道にふと空を見上げたら、うっすらと「月」を見つけて、季節が移り変わっていくのを感じました。
今回のテーマは「十五夜」。秋の夜空をイメージした紫色のテーブルクロスにテーブルランナー<キッコウ>を組み合わせたコーディネートを考えました。グレーやブルーの寒色系には、ガラスの透明感やシルバーの艶感、アクセントには黒がとてもよく映えることに気づきました。テーブルランナーの20p巾と30p巾の見え方の違いやグレーとホワイトの配色の違いにも注目して欲しいと思います。
今年の十五夜は10月1日。皆さまはどんな風に過ごしますか。



お気に入り

¥3,300
(税抜 ¥3,000)

お気に入り

【セール価格】
¥1,650
(通常価格 ¥4,180)

お気に入り

¥990
(税抜 ¥900)

お気に入り

¥16,500
(税抜 ¥15,000)

お気に入り

¥2,640
(税抜 ¥2,400)

お気に入り

¥1,980
(税抜 ¥1,800)

お気に入り

¥418
(税抜 ¥380)

お気に入り

¥935
(税抜 ¥850)

お気に入り

セット価格
¥2,970
(通常価格 ¥3,960)

在庫:

全て

在庫あり