“流星”りゅうせい
五節句の一つ、七夕をテーマに澄んだ夜空に星の輝きをイメージしたガラス器を中心にコーディネートしました。漆黒のテーブルクロスに“シルバー”の煌めきを取り入れて、特別な1日を過ごしましょう。


ブリッジランナー<リュウセイ・シルバー>のアップ。ラメ糸がふんだんに織り込まれた華やかな一枚です。


中央のシルバーカラーのセンターピースには、前菜を入れるガラスの器を並べました。カットが入ったグラスが光を反射して煌めきを加えてくれます。


ブリッジランナーに大きさの違う3枚のプレートを重ねてセッティングしました。星空をイメージしたガラスのプレートはシックでモダンな印象です。アクセントにグリーンをあしらって。


フロスト加工された小振りのグラスと雪の結晶のような模様が入ったグラスを2つ並べて高低差を出しました。

夜空をイメージした漆黒のテーブルクロス<トリュフ>に、シルバーを加えると全体にまとまりが生まれ、セットした器も映えます。テーブルナプキンは夜をイメージして、鮮やかなブルーカラー<キュラソー>を使ってアクセントに。ブラック×シルバーの組み合わせは、相性も良くスタイリッシュな印象に仕上がります。

こちらは、深いグリーンのテーブルクロス<ローリエ>にテーブルランナー<リュウセイ・シルバー>を敷いて天の川に見立てました。銘々に用意した赤い折敷には、黄色い小鉢やグラスを、中央の白いセンターピースには前菜をセットします。更に黒いテーブルナプキンを添えて、“五色”を取り入れたコーディネートの完成です。


中央に敷いたテーブルランナーの片側に、乾杯用のドリンクコーナーを設えました。ラメを施した黒いワインクーラーとランナーが華やかに演出してくれます。


銘々にセットした折敷には、和モダンな印象のプレートに笹型の小鉢やガラスのボウルをセットしました。ガラスのボウルには緑の葉を浮かべておもてなしします。星写しの器とも呼ばれ、星を二つ写して願いを込めます。


センターピース<コとロ・ホワイト>は、形を生かして様々に組み合わせる事が出来ます。中央には前菜を、サイドには季節のあしらいやキャンドルなどの小物をセットしてみましょう。


センターピース<コとロ>に新色が登場しました。シルバーカラーは和洋中問わず幅広くお使いいただけます。

<コーディネート@デザイナー和田>

今回のテーマは七夕。キラキラ輝く夜空のイメージにぴったりの<リュウセイ・シルバー>を使ったコーディネートを考えました。一つ目は、ベースのカラーは“黒”。器やお料理が映えるカラーです。漆黒のテーブルクロス<トリュフ>にブリッジランナーを使ったコーディネートは、全体的にモノトーンでまとめたので合わせるナプキンのカラーはあえて鮮やかなブルーを選びました。二つ目は、色とりどりの短冊をイメージしたコーディネート。深いグリーン<ローリエ>はクリスマスのイメージが強いイメージでしたが、七夕の五色に取り入れてみると華やかさもあり器も引き立ちました。また、“シルバー”をキーカラーにセレクトした器やグラス、センターピースは期間限定商品ですので、こちらも合わせてチェックしてみてください。
2022年、旧暦の七夕は8月4日。夏の夜空を見上げながらゆったり過ごしたいですね。



お気に入り

¥3,300
(税抜 ¥3,000)

お気に入り

¥3,300
(税抜 ¥3,000)