Table Talk

Vol.9
2020.07.10
テーブルレシピスタッフが日々感じている生活や仕事のこと、
子育てのことなどをテーブルを囲んであれこれ
おしゃべりしている感覚で綴っていきます。

私の、ひとりで楽しむ食事の時間

デザイナー和田のつぶやき
私の一人暮らしは社会人になってからスタートしました。
仕事では、季節感やトレンドカラーを取り入れたファブリック(布製品)中心に商品作りを行ってきました。その中でも和テイストの商品を多く担当していました。
生活を豊かにするもの作りにたずさわる中で、新社会人の私も好みの器やテーブル周りの雑貨など、少しずつ暮らしを楽しくするアイテムを増やしていきました。

週末は、おうちでごはん
最近は、週末に限らず家で過ごす時間が増えました。
これまでは都度都度買い物をしていましたが、今は週に一度食材や飲み物などをまとめ買いしています。
正直なところ、私自身料理は得意ではないのですが、
手を動かしていろいろなものを作るのは好きです。
材料を切ったり、こねたり、包んだり、和えたり、
お料理はいろいろな工程を経て、最後に形になります。そこが楽しいのかもしれません。私の場合は、作っては小分けにして冷凍し、保存、その繰り返しです…。
「自分のために作るごはん」なので、気軽に楽しんで作っています。
買い物している時、旬の食材を見つけたら、
「何か今日の一品に足してみようかな。」
「お酒に合わせたおつまみも良いな。」
と色々なアイディアが浮かんできます。
そんな風に考えるだけでもわくわくしてきます。
お気に入りのアイテム
私は家で、主にローテーブルで食事をしています。
なのでテーブル全体を覆ってしまうテーブルクロスより、テーブルマットやティーマット、コースターを使う事が多いです。小さなアイテムは、使い勝手が良く気に入っています。
<ミックス>シリーズは、私が入社して2年目に手掛けた商品です。和の食卓に馴染む様に、日本の伝統色を参考にして色を考え、一枚に“濃中淡”の3色の糸を使って織り上げています。また、アイテムの大きさに合わせてデザインを作りました。一度では上手くいかず何度か修正して試行錯誤しながら完成させた商品です。自分の中ではとても愛着のあるアイテムになりました。
最近では、ティーマットを敷くようになりました。
私はほぼ毎日晩酌をメインにしたごはんなので、小皿が頻繁に食卓に登場します。テーブルに直接和食器や小皿を並べると雑然とした感じだったのですが、器を置く音も気にならず、見た目の柔らかい布感に癒されたり、コースターと色合わせを楽しんでいます。
もう一つは、毎日食事をするときに必ず使うお箸。
私は和食はもちろんパスタでもお肉料理でもお箸でいただくほど、お箸が好きです。それだけに、本当に気にいったお箸が見つけられずにいたのですが、ようやく2年前にテーブルウェアフェスティバルで竹製のお箸を見つけました。まず見た目に一目惚れでした。
手に取るととても軽く、細身のシルエットが持ちやすい!手への馴染みも良かったです。カラーバリエーションがあるのも魅力的でした。ついつい何膳か集めたくなってしまいます。デザインや色合いが気になるという点は、もはや職業柄かもしれません…。
ちなみにこのお箸は、一人で楽しく使う事はもちろん、急な来客にも対応出来るお箸で、私のおすすめの一品です。
気に入ったアイテムを使うだけでも楽しい時間が生まれます。
みんなで一緒に楽しみたい
新しい生活様式と共に過ごしていく未来にも食事は大切なものです。
小さなことでも楽しみながら過ごしたいですね。

毎日のひとりごはんも良いけど、たまにはみんなで囲む食事を楽しみたい。
賑やかにごはんを食べることが恋しいです。
そんな気持ちが改めて膨らんできました。
ひとりの時間を過ごしてきたので、余計にそう感じるのかもしれません。
いつか出来たらいいなあ。

在庫:

全て

在庫あり