十五夜十五夜

十五夜

2021年は9月21日が十五夜です。美しい月を眺めるお月見の日として知られます。
もともとは中国の風雅な風習が平安時代に伝わり、秋の収穫物を供して実りに感謝する行事となりました。
季節が深まるお月見の夜。それぞれに愉しむ夫婦2組のテーブルコーディネートです。

Recommended tablecloths十五夜コーデにおすすめのテーブルクロス

空が澄み、月明りが美しく輝く満月の夜。十五夜におすすめのテーブルクロスを2点ご紹介します。ひとつめはデリシャスカラーシリーズの<ブルーチーズ>。ニュアンスのあるスモーキーなブルーです。上品かつ現代的にテーブルを演出します。

もうひとつは同シリーズの<グレープフルーツ>。鮮やかなイエローはインテリアや食の業界で注目の色。ニュートラルカラーの食器を引き立てます。

Moon viewing dinner for two二人のお月見ディナー

月がきれいな夜、今夜は二人でお月見です。
旬のメニューをいただきましょう。

9月は結婚記念日。

せっかくだからテーブルコーディネートで季節感を出して楽しみたいもの。ブルーグレーのテーブルクロスをメインカラーにして、シャンパンゴールドとブラック&ホワイトをアクセントカラーに。

スタイリッシュな器類をつかってすっきりとまとめます。

Enjoy according to the themeテーマに沿って楽しい演出を

ナプキンはうさぎの形にフォールディング。
マム(菊)の花を可愛らしい尻尾のようにセッティングします。

ナプキンのオリーブグリーンと菊のレッドが、
全体のアクセントになります。

楽しい食事の時間を思い浮かべながら、食器やナプキンを準備する。こんな時間を大切にしたいと思います。

【テーブルクロス】デリシャスカラー ブルーチーズ
【テーブルナプキン】デリシャスカラー オリーブ

How to arrange tableware食器を、花器やキャンドルホルダーとして

シャンパンゴールドに輝く枝を入れた器は、飲み物用のカラフェ。

ツヤ消しのホワイトが上品な印象の花瓶になります。カップ入りキャンドルをガラスの小鉢に入れて使ってみましょう。
透明なガラス器はキャンドルの光を存分に感じられます。
いつもの使い方と違うアレンジが出来ると、また新鮮な気分で楽しめますね。

Looking at the moon月を眺めながら

芸術の秋。
私たち夫婦の共通の趣味は術館やアートギャラリーを巡ること。

今日の展示もなかなか良かったね!

今晩は窓の外に輝く月を眺めながら、ローテーブルでくつろいで過ごします。

Enjoy Artistic tablewareアーティスティックな器で愉しむ

個性的な変形六角の器。ガラスの重さをしっかり感じられる平らな形状が特徴的。

一枚ずつ絵柄の表情が異なるから、まるでアーティストの作品のよう。

ナッツやチーズ、ちょっとしたおつまみもこの器に盛りつけたら素敵な雰囲気に。

Yellow & neutral colorイエローとニュートラルカラーで

月のカラーイメージの黄色のテーブルクロス。
月明りのように食卓を明るく照らします。

食器やプレートは白、黒、ベージュのニュートラルカラー。注目のワントーンコーデです。

日本各地やヨーロッパの美術館にも行きたいねと思いを馳せて、輝く月を眺めて語らう、十五夜の夜です。

【テーブルクロス】デリシャスカラー グレープフルーツ
【テーブルナプキン】デリシャスカラー マッシュルーム
【折敷】長角プレート アイボリー

このコンテンツで使用している期間限定商品の魅力や使い方を
instagramライブ配信にて詳しくお伝えいたします。

Instagramライブ配信!9/8 11:00スタート

The Harvest Moon十五夜

Recipe Styleもっと見せたい!
レシピスタイル

テーブルレシピおすすめのテーブルコーディネート

〜もっと見せたい!レシピスタイル〜

Other Contents
Let's have a party!

お気に入り

¥3,300
(税抜 ¥3,000)

在庫:

全て

在庫あり